プレシリーズAの資金調達を実施

この度、弊社TRiCERAは、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、株式会社DK Gate、グローブアドバイザーズなどを引受先としたプレシリーズAの資金調達を実施したことをお知らせ致します。

現在、弊社のプラットフォームは現在900名を超えるアーティストが参加し、総出品数は5,000点を超え総取扱高約12億円へと成長致しました。

今回の資金調達では、参加するアーティストと世界中のユーザーがよりマッチングしていくためのコンテンツ強化及び機能開発をその使途とし、この3年以内に参加アーティスト数10万人、アクティブユーザー数100万人/月を目指していきます。

【今回の増資引受先(敬称略・順不同)】

・株式会社DK Gate

・フジ・スタートアップ・ファンド2号投資事業有限責任組合

・GA4号投資組合

・その他個人投資家

【株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズ代表取締役 金光修コメント】

当社は、株式会社フジ・メディア・ホールディングスのコーポレートベンチャーキャピタルです。中核子会社のフジテレビでは、かつて現代美術を扱う“フジテレビギャラリー”を常設で運営し、アーティストの発掘など現代アートの魅力を広く伝える活動を行っておりました。

今回は、ネットテクノロジーの進歩により日本を含め様々な地域のアーティストを発掘し作品を世界へダイレクトに販売するTRiCERA社の新たなギャラリーの発想に共鳴致しました。TRiCERA社への出資を通じ、一人でも多くの日本のアーティストが世界へ羽ばたけるよう支援をしていきたいと思います。

【株式会社TRiCERA 代表取締役・CEO 井口泰コメント】

私たちのプラットフォームには、今現在、日本をはじめアジア各国や世界中から900名を超えるアーティストが参加しています。新型コロナウイルスの影響による展示・販売の機会損失もあり、申込数は週当たりで120名程度に増大し、数多くのアーティストが作品展示・販売の機会を必要としていることを感じます。また、世界120カ国からアクセスがあり、日本やアジアのアート作品へのユーザーの興味は日に日に増しています。

言語の壁、物流・決済の壁、文化の壁、これらの壁を簡単に越えられるプラットフォームの成長をこれからも推し進めて参ります。